名古屋大学シンクロトロン光研究センター

Nagoya University Synchrotron radiation Research center

BL2S1 - 単結晶X線回折・名古屋大学ビームライン

ビームライン概要

大面積の二次元検出器による単結晶の X 線回折測定により, タンパク質や機能性有機分子などの結晶構造解析を行う. 詳細は下記リファレンスを参照して下さい.

研究利用分野

タンパク質や機能性有機分子などの結晶構造解析.

ビームライン性能

光エネルギー
7 - 17 keV (0.18 - 0.07 nm)
ビームサイズ(実測)
0.18 × 0.19 mm (H x V)
分解能 (E/ΔE)
> 2000 @ 12keV
光子数(実測)
1.9×1010 Photons/sec @ 1.12 Å
8.0×109 Photons/sec @ 0.75 Å

測定装置仕様,特徴

大面積の二次元検出器 (ADSC Q315r またはPILATUS 1M)による 単結晶の X 線回折測定により,タンパク質や機能性有機分子などの 結晶構造解析が可能です.
水平分散の非対称結晶分光器のビームラインですが, 回折装置は 2 θ 光学台上に設置され, 2 θ の回転範囲は 12.5 - 33.5 度です. 複数の分光結晶を交換して使用することで広い エネルギー(波長)範囲を使用することが出来ます.
試料結晶ゴニオは XYZ ステージ付き高精度高速回転軸ゴニオで, 通常の先端部は凍結タンパク質結晶用のクライオピンがそのまま 磁石でマウント出来る標準的な構造ですが, 特殊な先端部と交換することでさまざまな試料結晶や 小型のダイヤモンドアンビルセル(DAC)にも対応しています. カメラ長(試料結晶:検出器距離)は 90 - 340 mmで可変です.
凍結結晶用のコールド窒素ガス吹きつけ型冷却装置を保有していますが, 回折計が 2 θ ステージに搭載されているため, 凍結試料結晶の自動交換ロボットの導入予定はありません.

ビームライン及び測定装置概略図

ビームライン概略図
測定装置概略図

ビームラインのリファレンス

Watanabe, N., Nagae, T., Yamada, Y., Tomita, A., Matsugaki, N. & Tabuchi, M.
"Protein crystallography beamline BL2S1 at the Aichi synchrotron"
J. Synchrotron Rad. 24, 338-343 (2017).

ユーザーの論文

  • Niwa, K., Matuzaki, F., & Hasegawa, M.
    "Synthesis, crystal structure and phase transition of a Xe-N2 compound under high pressure: Experimental indication of orbital interaction between xenon and nitrogen"
    Phys. Chem. Chem. Phys., 19, 59-63 (2017).

  • Wachino, J., Yamaguchi, Y., Mori, S., Jin,W., Kimura, K., Kurosaki, H., & Arakawa, Y.
    "Structural Insights into Recognition of Hydrolyzed Carbapenems and Inhibitors by Subclass B3 Metallo-beta-Lactamase SMB-1"
    Antimicrob. Agents Chemother., 60, 4274-4282 (2016).