名古屋大学シンクロトロン光研究センター

Nagoya University Synchrotron radiation Research center

第7回名古屋大学
シンクロトロン光研究センターシンポジウム

名古屋大学シンクロトロン光研究センターは、 あいちシンクロトロン光センターを利用する方々に、 研究成果や光源加速器・ビームライン開発に関するトピックをご紹介いただき、 放射光を利用した新たな研究の可能性や有効性について議論を深めることを目的として、 第7回名古屋大学シンクロトロン光研究センターシンポジウムを開催致します。

学内外どなたのご参加も歓迎致します。ふるってご参加ください。

概要

日時
2018年1月19日(金)
 12:00 受付開始
 13:00 - 18:30 シンポジウム
  (併せて ポスターセッション開催予定)
 18:30 意見交換会
場所
名古屋大学 野依記念学術交流館 (東山キャンパス)
名古屋大学東山キャンパスマップ
名古屋大学交通アクセス(遠方からお越しの方)

申込方法

皆様のご参加をお待ちしています。

  1. 申込方法: こちらのweb ページからお願いします。
  2. 意見交換会: 意見交換会に参加御希望の方には、参加費用 2,000円を当日承ります。
  3. 申込締切: 12月末日締切です(当日申込も受け付けます)。

ポスター発表募集

第7回名古屋大学シンクロトロン光研究センターシンポジウムでは、 皆様のご研究成果のポスターによる発表を募集しています。 ポスター発表申込は下記の要領でメールでお送り下さい。

  1. メールタイトル : 「ポスター発表参加申込」
  2. 本文
    • ご発表タイトル、ご発表者ご氏名、ご発表者ご所属
    • 代表者の連絡先(メールアドレス)、当日参加者ご氏名と意見交換会参加 有・無
    • 送り先 : symp2017@nusr.nagoya-u.ac.jp
    • 申込締切 : 12月末日
意見交換会にご参加の方には、参加費用 2,000円を当日承ります。

プログラム

13:00 来賓挨拶
 名古屋大学理事・副総長 髙橋雅英
 名古屋大学工学研究科長 新美智秀
13:15 SRセンターとユーザー利用の現状(兼: 放射光利用者懇談会)
 NUSRセンター長 曽田一雄
13:25 加速器の現状
 NUSR副センター長 髙嶋圭史
 
13:30〜18:30 放射光科学の広がりと展望
 
 
1. BL1N2 カーボンナノチューブ成長用触媒粒子へのAl2O3担持層の結晶性の影響
  名城大 丸山隆浩、桐林星光、才田隆広、成塚重弥
 
2. BL2S1 あいちシンクロトロン光を利用した超高圧下における回折実験と
新規無機物質の探査
  名大工 丹羽健、松崎郁弥、寺部俊紀、小笠原宏和、西堂園啓太、
      山本拓朗、長谷川正
 
3. BL5S1 メソポーラスシリカ細孔内金属・合金ナノ粒子の水素雰囲気下昇温時
構造変化の放射光その場分析
 名大未来社会創造機構1、名大工2
 日置辰視1、中澤和也2、一木輝久1、元廣友美1, 2
 
4. BL5S2 放射光による分子ナノカーボンの機能発現メカニズムの探索
  名大理 坂本裕俊、尾崎仁亮、伊丹健一郎
 
5. BL6N1 抗菌試験環境における銀ナノ粒子の化学状態解析
  阪大1、日本繊維製品品質技術センター2
  清野智史1、豊田桃子1、射本康夫1, 2、中川貴1、山本孝夫1
 
ポスターセッション(15:20〜16:30)
 
 
6. BL7U 表面界面制御によるスタネンの創製と構造解析
  名大工1、あいちSR2、バスク大3、マックスプランク研4、エクス-マルセイユ大5
  柚原淳司1、藤井裕也1、西埜和樹1、磯部直樹1、仲武昌史2
  Lede Xian3、Angel Rubio3,4、Guy Le Lay5
 
7. BL8S1 木材の組織構造観察におけるシンクロトロン光および回折法の活用
-細胞壁の層別セルロース観察-
  名大生命農1、あいち産科技センター2、(株)中村建築研究所3
  山崎真理子1、LEE Chang Goo1、小島瑛里奈1、杉本貴紀2
  住岡雅将3、佐々木康寿1
 
8. BL8S2 放射光光励起光プロセスと新展開
  兵庫県立大1、名大先端ナノバイオ2、NUSR3
  山口明啓、岡田育夫2、桜井郁也3、内海裕一1
 
9. BL8S3 疑似基質による酸化酵素の誤作動誘起と高難度水酸化反応
  名大理1、JAEA2、名大物国センター3
  荘司長三1、小野田浩宜1、元川竜平2、中川洋2、渡辺芳人3
 
10. BL11S2 XAFSを用いた琵琶湖産シジミの殻皮の化学形態解析
  関西医科大1、立命大SRセンター2、東レテクノ3
  竹本邦子1、吉村真史2、馬場大哉3、太田俊明2
 
18:30〜 意見交換会(参加費:2000円)
 

ポスターセッションプログラム

1. LIGA加工プロセスを利用した小惑星探査機はやぶさ2試料台の開発
 名大SRセンター1, 名大先端ナノバイオ2, 株式会社イケックス工業3,
 JASRI/SPring-84
 桜井郁也1, 岡田育夫2, 竹田博昭3, 上椙真之4
 
2. 脱硝触媒による燃焼排ガス中水銀の酸化・捕捉機構
 名大工1, 名大未来材料システム2
 義家亮1, 坂井田雅哉1, 植木保昭2, 成瀬一郎2
 
3. 吸収端近傍X線吸収微細構造(NEXAFS)測定を用いたアモルファスカーボン膜の結合構造解析
 名大工1, 名大未来社会創造機構2
 杉浦啓嗣1, 近藤博基1, 石川健治1, 堤隆嘉1, 堀勝2
 
4. 木本植物リョウブにおける重金属の局在と化学状態
 名大生命農
 山口毅志, 富岡利恵, 竹中千里
 
5. In-situ XAFSによる貴金属酸化物における酸素還元反応サイト
 名城大学
 才田隆広, 平野晶子, 丹羽悦子, 佐藤史彬, 丸山隆浩
 
6. 高分解能X線結晶構造から明らかとなったアクチン重合・ATP加水分解機構
 名大理1, 東海学院大学2, 名大情報3, 名工大4, 名大SRセンター5
 武田修一1, 成田哲博1, 小田俊郎2, 田中康太郎1, 小池亮太郎3, 太田元規3, 藤原郁子4,
 永江峰幸5, 渡邉信久5, 前田雄一郎1
 
7. 層状LiVX2(X:O,S)における放射光粉末X線構造解析
 名大工
 山本暖, 田村慎也, 片山尚幸
 
8. Mo二量体を持つルチル型LixMoO2で現れる多彩な電子相の解明
 名大工
 山田悠人, 片山尚幸, 澤博
 
9. 放射光X線を用いた二次元三角格子系LiVS2におけるV三量体構造の観測
 名大工
 田村慎也, 片山尚幸, 澤博
 
10. 新規レニウム窒化物の超高圧合成と結晶構造
 名大工
 高山新, 丹羽健, 大砂哲, 長谷川正
 
11. 高圧結晶構造解析によるサーモライシンの高エネルギー準安定構造の研究
 名大工1, 名大SRセンター2
 森一也1, 永江峰幸2, 渡邉信久1,2
 
12. 新規窒化スズの超高圧合成と結晶化学
 名大工
 稲垣智哉, 丹羽健, 長谷川正
 
13. XAFS解析を用いた酸素吸着下における多孔性金属錯体の局所構造変化観察
 名大工1, 名大理2
 原田悠生1、土方優2、堀彰宏1、馬運声1、松田亮太郎1
 
14. BL8S1を利用した結晶表面歪みの評価
 産業技術総合研究所
 山口博隆
 
15. X線吸収分光法によるPd基およびZr基バルク金属ガラスの電子構造解析
 名大院工1, 名大SRセンター2, あいちSR3, RIMCOF4, 阪府大工5, 名大未来研6,
 JASRI7
 吉田泰清1, 太田俊二1, 川北彬広1, 加藤政彦1, 曽田一雄1,2,3, 長谷川正1, 西山信行4,
 岩住俊明5, 池永英司6,7, 村井崇章3, 陰地宏2,3, 杉山陽栄3, 村瀬晴紀3
 
16. Al-Mg複雑構造合金の電子状態と結晶構造安定性
 名大院工1, 名大SRセンター2, あいちSR3, 名産研4, FZJ5, JASRI6
 川北彬広1, 曽田一雄1,2,3, 加藤政彦1, 仲武昌史3, 井波暢人2,3, 水谷宇一郎4,
 M. Feuerbacher5, 保井晃6
 
17. 軟X線吸収分光および光電子分光を用いたCoN2の電子構造解析
 名大工1,名大SRセンター2, あいちSR3, JASRI4
 加藤大貴1, 曽田一雄1,2,3, 加藤政彦1, 高山新1, 丹羽健1, 長谷川正1, 仲武昌史3,
 井波暢人2,3, 保井晃4
 
18. X線分光及び光電子分光と第一原理計算によるNi1-xCuxS2の電子構造の研究
 名大工1, 名大SRセンター2, あいちSR3, あいち産総セ4
 稲垣貴大1, 曽田一雄1,2,3, 加藤政彦1, 岩崎純也1, 秋田貴弘1, 丹羽健1, 長谷川正1,
 野本豊和3,4, 村井崇章3, 陰地宏2,3, 仲武昌史3
 
19. 層状Li0.33VS2の構造相転移と分子軌道形成
 名大工
 片山尚幸, 田村慎也, 澤博
 
20. 小角散乱によるパーキンソン病関連蛋白質シヌクレインのアミロイド線維の溶液構造解析
 量研機構1, 名大SRセンター2
 河野史明1、松尾龍人1、杉本泰伸2、藤原悟1
 
21. 全電子収量法XAFSを用いた白金-ナフィオン界面状態の分析
 トヨタ自動車(株)
 牧山勇介
 
22. SiC結晶中の積層欠陥挙動のX線トポグラフィー高温その場観察
 名大工1, 名大未来材料システム2, あいちSR3
 藤榮文博1, 原田俊太1,2, 花田賢志3, 宇治原徹1,2
 
23. Pt/CへのRu修飾がアルカリ条件下水素酸化反応へ及ぼす効果
 名大工1, 京大触媒電池2
 大久保慶一1, 大山順也1,2, 薩摩篤1,2
 
24. 界面制御グラフェンの角度分解光電子分光測定
 名大未来材料システム1, 名大SRセンター2
 寺澤知潮1、乗松航1、伊藤孝寛2、楠美智子1
 
25. Development of Sample Preparation Method for Humin Characterization by SR-based XPS, Part I: Comparison of various methods
 名大工1, 名古屋市工業研究所2, 名大未来材料システム3, あいちSR4
 P.M. Duyen1, Y. Miyata 2, T. Awata3, M. Nakatake4, S. Ogawa1, S. Ohta3, S. Yagi3,
 A. Katayama1,3
 
26. Development of Sample Preparation Method for Humin Characterization by SR-based XPS, Part II: Method’s verification
 名大工1, 名古屋市工業研究所2, 名大未来材料システム3, あいちSR4
 P.M. Duyen1, Y. Miyata 2, T. Awata3, M. Nakatake4, S. Ogawa1, S. Ohta3, S. Yagi3,
 A. Katayama1,3
 
27. 液中プラズマ法によりCsCl水溶液中で作製したAuナノ粒子の化学状態分析
 名大SRセンター1, 名大工2, 名大未来材料システム3
 塚田千恵1, 小川智史2, 田渕雅夫1, 八木伸也2,3
 
28. 高速焼結によって作製されたBi-Te系熱電変換材料の電子・結晶構造評価
 名工大1, 産業技術総合研究所2, 名大SRセンター3
 宇佐見真子1, 宮崎秀俊1, 田村友幸1, 三上祐史2, 曽田一雄3, 西野洋一1
 
29. 広開口型DACによるAGeO3(A=Sr,Ba)の高圧下X線回折実験
 物質・材料研究機構
 遊佐斉
 
30. 軟X線分光測定による清浄表面を有したPdナノ粒子の電子状態分析
 名大工1, 名大SRセンター2, 名大未来材料システム3
 小川智史1, 塚田千恵2, 八木伸也1,3
 
31. 無脊椎動物ロドプシンの双安定性光活性化機構の構造学的研究
 名大理
 村上緑
 
32. KI-KBH4系固体溶媒におけるLi+の固溶機構
 名工大工1, 京大理2, 名大工3
 宮崎怜雄奈1, 野田泰斗2, 宮崎秀俊1, 曽田一雄3, 日原岳彦1
 
33. Zn-Ag-Sc系準結晶および近似結晶の光電子分
 名大工1, 名大SRセンター2, 名大理3, あいちSR4, 豊田理研5
 楠直紘1, 伊藤孝寛1,2, 井村敬一郎3, 林実奈美3, 林裕人3, 市橋史朗1,
 井上明人1, 仲武昌史4, 宇治原徹1, 石政勉5, 佐藤憲昭3
 
34. MAX相化合物V2AlCの3次元角度分解光電子分光
 名大工1, 名大SRセンター2, LMGP, Grenoble INP, France3, あいちSR4
 池本昌史1, 伊藤孝寛1,2, Damir Pinek3, 仲武昌史4, Thierry Ouisse3
 
35. TSi2 (T=Ta, Nb) の3次元角度分解光電子分光
 名大工1, 名大SRセンター2, 阪大生命・理3, あいちSR4, 東北大金研5,
 神戸大理6, 琉球大理7
 近谷翔太1, 伊藤孝寛1,2, 木村真一3, 仲武昌史4, 仲村愛5, 富崇裕6,
 播磨尚朝6, 大貫惇睦7
36. シンクロトロン光分析による文化財陶磁器の青色顔料(呉須)比較研究と総合比較研究の方法
 愛知県立芸術大1, あいちシンクロ光センター2, 上越教育大3
 太田公典1, 梅本孝征1, 佐藤文子1, 東博純2, 兪期天3
 

講演/発表要領

  1. 口頭発表:
    • 質問時間を含めて20分の予定です。1鈴15分、2鈴20分で進行する予定です。
  2. ポスター発表:
    • 幅120cmのポスターボードの準備があります。
    • A0またはA0ノビの縦レイアウトが掲示可能です。
    • 掲示に必要なテープは当方で準備します(押ピン不可です)。
    • 掲示するポスターの印刷は各自でお願い致します。
  3. 当日配布資料:
    • 口頭発表につきましては、当方で A4 サイズに印刷した上で当日配布させて頂く予定です。
    • A4 サイズ 1枚程度にまとめて頂いた要旨、 または、当日ご発表のスライド資料 (配布に際して問題のある部分を除いたもの)をご用意下さい。
    • PowerPoint 等のファイルあるいは PDFファルでご用意下さい
    • ファイルとして、メール添付でお送り下さい。
    • 印刷の都合上 1/12 までにお願い致します。
    • 資料の当日配布に問題がある場合や、 メールでの送付に問題がある場合には、別途ご連絡下さい。

問い合わせ先

  • 名古屋大学シンクロトロン光研究センター
  • 052-747-6562
  • symp2017@nusr.nagoya-u.ac.jp
地図

大きな地図を表示
主催
  • 名古屋大学シンクロトロン光研究センター
  • 名古屋大学放射光利用者懇談会
協賛
  • あいちシンクロトロン光研究センター
  • PF-ユーザーアソシエーション(PF-UA)
  • SPring-8ユーザー共同体(SPRUC)
  • UVSOR利用者懇談会