平成22年度 シンクロトロン光利用者研究会

−小グループに分けた勉強会と実地研修・見学会を開催します−


   
 本年度の利用者研究会は、手法ごとに再編成した4つの小グループにわけ、各グループでの勉強会方式にて開催いたします。 合わせて、既存の施設を利用した実地研修・見学会も実施します。

対象 : シンクロトロン光実験を行いたい企業または研究機関の研究者・技術者

主催 : 大学連合 ・ 科学技術交流財団 ・ 愛知県

参加費 : 無料

研究会グループ 対象・内容

XAFSグループ

硬X線 ・ 軟X線
真空紫外線


 詳細ページへ

 

実地研修;
SPring-8(BL14B2)終了

・元素(Li〜U)の化学状態を調べたい
 (例)電池・触媒などの酸化・還元反応
・局所構造(原子間距離・配位数)を調べたい
 (例)鉄鋼・非鉄金属・半導体・セラミックスなどの材料開発
・整備される3本のXAFSビームラインの仕様や測定技術の紹介
・利用事例の紹介
・実地研修に対する技術相談、測定試料の相談

 ◆ 第3回 XAFSグループ ◆
  2011年 3月 8日(火) 14:00〜 (受付13:30より)  
  場所:名古屋大学 インキュベーション施設 
  〒464-8601 愛知県名古屋市千種区不老町


 ◇◆ XAFS 実地研修 ◆◇
  2010年 11月 24日(水) 終了
  SPring-8 BL14B2 



光電子分光グループ


硬X線(6keV)〜真空紫外線

詳細ページへ

実地研修・施設見学;
UVSOR(分子研) 


・化学状態を調べたい (例)電池・触媒の酸化・還元反応
・表面・界面反応を調べたい (例)電池、生体分子などの材料分析、開発
・材料の電子状態を調べたい (例)磁性体材料などの分析
・光電子分光測定の概要およびビームラインの仕様や測定装置の紹介
・利用事例の紹介

 ◆ 第3回 XPSグループ ◆
   内容変更の可能性がありますが開催します。

  2011年 3月 14日(火)14:00〜 (受付13:30より)
  場所:名古屋大学 インキュベーション施設
     〒464-8601 愛知県名古屋市千種区不老町


小角散乱グループ


小角散乱
広角散乱


 詳細ページへ



実地研修;
SPring-8 (BL40B2)終了


・実験室の小角散乱装置で十分ではない方
 測定時間が非常にかかる方
・数Åから数百nmまでの構造解析非晶構造、結晶構造、相分離構造、
 球晶構造、配向、延伸、破壊や  これらの階層構造(同時測定を含む)
 分散粒子のサイズやそのサイズ分布の測定
・光散乱や熱分析などとの同時測定、
 薄膜中の多層構造や配向構造の測定・解析手法のイロハ

 ◆ 第3回 SAXグループ ◆
  2011年 3月 1日(火)14:00〜 (受付13:30より)
  場所:ウィンク愛知 908号室 
  〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4−38


 ◇◆ 小角散乱 実地研修 ◆◇
  2010年 11月 22日(月) 終了
  SPring-8 BL40B2 



X線回折グループ

 詳細ページへ




・有機材料の分子構造、無機材料の同定、結晶構造を精度よく調べたい
・実験室系の粉末回折装置では、十分なデータが収集できない
・薄膜多相構造材料の層構造、表面界面の粗さを調べたい
・蛍光X線で微量分析をしたい

 ◆ 第3回 XRDグループ ◆
   予定通り開催します。

  2011年 3月 15日(水)14:00〜 (受付13:30より)
  場所:名古屋大学 インキュベーション施設
     〒464-8601 愛知県名古屋市千種区不老町



(2011.2.10 更新)


TOPに戻る

お問い合わせ先
愛知県 産業労働部 新産業課 科学技術推進室(加藤) TEL 052-954-6352 FAX 052-954-6977
名大シンクロトロン光研究センター(野崎) TEL 052-747-6476 FAX 052-788-6002 
メールはこちら